2012/06/26

「“収益マシン”アップルストアの17の真実」

『BUSINESS INSIDER』に「“収益マシン”アップルストアの17の真実」って記事があったので適当訳してみた。米国の小売業者で最強とか。

  1. アップルストアのコンセプトが発表されたのは2000年。当時は狂ってると思われた。でも、その後12年で360の店が生まれ、10億人以上が訪ねるようになった。
  2. 今年1-3月の四半期の売上は44億ドル。前年比38%増。米国の小業業の伸び率が平均2%なのに。
  3. 今年1-3月に店を訪ねたのは8,500万人。一昨年の大リーグの観客数より多い。
  4. 一店当たり315,000ドルを木の家具に支払ってる。
  5. 世界最小の店はカリフォルニアのサンタローザプラザ店。
  6. 世界最大の店はロンドンのリージェント通り店。約2,323平方メートル。通りの向かいにあったノキアの店は潰れてもうた。
  7. オーストラリアのボンダイ店には店内に生の木が植わってる。世界中でそこだけ。
  8. アップルストアでMacを買う客の半分はMac初心者。
  9. ジョブズが唯一コンサルタントを雇ったのがアップルストアの件。ゲートウェイと同じミスを繰り返さないよう、その小売戦略を分析させた。
  10. 米国内でフルタイムで雇っている店員は3万人。米国の全社員43,000人の三分の二以上。
  11. 一店舗当たりの売上は平均4,900万ドル(約44億円)。一平方フット(0.093平方メートル)当たりの売上は何と年間6,000ドル! 二番手のティファニーの倍以上。
  12. 店員一人当たりの売上は年間420,000ドル。ベストバイは37,000ドルなのに。
  13. 小売業界で店員一人当たりの売上がアップルストアを超えるのは、9,800人で各々663,000ドル売ってるティファニーだけ。
  14. でも、アップルストアはティファニーより儲かってる。営業利益率20%に対して26%。
  15. でもでも、店員の給料はティファニーより安い。
  16. 時給12ドルまたは年棒25,000ドルくらいもらってる店員は大勢いる。小売業の平均より多い。でも、貧乏から脱け出せる額じゃない。ティファニーの15ドルより少ないし(ベストバイの10ドルよりは多いけど)。
  17. アップルストアの店員になるのはハーバードに入学するより狭き門。2009年にマンハッタンのアッパーウェストサイド店が200人強雇った時の応募者は10,000人。合格率2%。一方、ハーバードは29,000人受験して合格者2,000人の合格率7%。